何か妖怪

アクセスカウンタ

zoom RSS 天使の魔法 その81

<<   作成日時 : 2017/01/20 13:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ふううぅぅぅ、

危なかった!!!



長老の住む、森の古木を出て、
3日目の夜だった。

枝から枝へと飛び移り続けてヘトヘトになり、
太い枝の上で、ついうとうとしてしまった。

それまでは、出来るだけ高い所まで登って、
さらに、その少し上をアルフォンソが陣取り、
夜を明かしていたのだが、
その時ばかりは、睡魔に勝てなかった。

何かに引きずり込まれる様な感覚に襲われて、
アントニオは目をさました。

見れば、しっぽの先に何かがいる。

咄嗟に振り払おうとしたが、
自分のしっぽが、異様に重い。


な、何???!!!


そいつは、まるで自分のしっぽになったようだ。
しかも、じわじわとせりあがって来る。

目を凝らして、アントニオは驚いた。


蛇だ!!!


蛇は、長い体を木の幹に絡みつかせ、
自分のしっぽを飲み込こもうとしていた。


コイツ!!!
放せ、放せったら!!!


アントニオは、体を捻り、
蛇に鋭い爪を浴びせ様とするが、届かない。

蛇は、長い体をくねらせて、
アントニオのしっぽをくわえたまま、
枝から引きずり落とそうとする。


アントニオは、枝に爪を立てて、
自分の体を支えるのが精一杯。

とうとう、悲鳴をあげ、
必死にアルフォンソを呼んだ。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天使の魔法 その81 何か妖怪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる